もっと気ままに楽しまんと移住体験ツアー第2号

8月の気ままにツアーは、コールセンターにお勤めのNさん。


 

 

 

 

 

旅行が大好きなNさん。四万十市には県のツアーで来たことがあるけれど、「もっと詳しく四万十市の暮らしを見てみたい。西土佐地域には行ったことが無いので行ってみたい。」という事で、ご案内する事となりました。

 

 

 

 

 

 

 

普段は通る事の無い四万十川右岸を走り、勝間の沈下橋を望み、今だ復旧されていない岩間の沈下橋へ。


 

 

 

 

 

この橋は崩れかけても落ちなかった橋として、そのかけらは合格のお守りとしてお土産になっています。

 

 

 

 

 

 

 

道の駅よって西土佐で地元の食材や物産を見て、2階の休憩室で福喰さんのイチジクのサンドイッチをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

移住経験者であり、西土佐で【工房くろがね】を営んでいる林さんを訪ねました。
急な訪問にもかかわらず快く迎えて下さり、研修の合間にひとときお話しするお時間をいただきました。


 

 

 

 

 

お昼は、地元のおばちゃん達が腕を振るった田舎料理のバイキングが食べられる【農家レストラン しゃえんじり】へ。


 

 

 

 

 

川エビのそうめんや、美味しいごはんにかけて食べる冷や汁などなど、冷たくてもあたたかい、おふくろの味を堪能できます。


 

 

 

 

 

さて、Nさんのご希望によりこのツアーの一番の目的となる職場見学に向かいました。田野川の旧小学校を利用している【HTC四万十センター株式会社】です。


 

 

 

 

 

この事業所の代表者でスーパーバイザーの濱田さんより、とても丁寧な説明と、ご案内をいただきました。


 

 

 

 

 

HTC四万十センターでは、コールセンターの需要は高まっている一方で、人材が不足している状況があり、大幅な増員を求めているとの事でした。


 

 

 

 

 

このような環境でお仕事ができます。
目の前には田園風景が広がっており、春には満開の桜が見えるそうです。


 

 

 

 

 

この後は、ゆっくりと、市内にある施設、図書館や病院の場所を確認し、地元の産直市場やスーパーにもお連れして、地元の新鮮な食材やお値段などを実際に見て、お買い物を楽しんでいただきました。


 

 

 

 

 

四万十市では、市役所、NPO、移住サポーターが連携して移住者様のご希望に応じた移住のかたちを実現に向けるため、充実したサポート体制を整えて移住推進を行っております。

※ツアーや面談に関しましては、急な対応はできない場合もありますので、ツアー募集要項、NPO面談等、詳細は移住HPをご覧ください。