空き家の管理に困っていませんか?

誰も住んでいない空き家は、こまめに風通しをしておかないと、たった数年で朽ちて住めない状態になってしまいます。

家中にカビが生えたり床が傷んだり、お庭や畑も草木で荒れてしまったり、そんな取り返しのつかない状態になる前に、移住支援住宅として空き家を活用してみませんか?

どんな人が住むのかわからなくて不安…

■NPO法人四万十市への移住を支援する会の理事会員が移住希望の方と面談した後、お家をマッチングします。
契約前に入居希望者の方と大家さんの顔合わせも可能です。

家賃はいくらくらい?

■家賃の上限は30,000円/月です。相場よりも安い金額になりますが、代わりに現状貸し(大家さん負担で家を直す必要がない)が条件となっています。
ただし、雨漏りがないこと、電気・ガス・水道の最低限のインフラが使えることはご確認ください。

壊れているところがある

■改修が必要なお家には「移住支援住宅小規模改修事業費補助金」(※5年間移住支援への提供が必要)や「移住支援住宅の耐震化・リフォーム補助金」(※10年間移住支援への提供が必要)を利用できる場合がありますのでご相談ください。

家の中の荷物を片付けるのが大変

■お家の中に家具や家電など荷物が残っていてもかまいません。
とはいえ、たくさんの荷物がある状態では借り手がなかなか決まりにくいため、荷物の片付けをしていただける場合には、業者に依頼して2tトラック1台分の荷物を撤去する補助が使えます。※件数に限りがあります。

家が汚いので掃除が必要?

■入居者が決まったら、入居前に清掃を入れる補助を使えます。※件数に限りがあります。

空き家の活用にはこんないいことも!

■人に住んでもらうことで、家だけでなく庭や田畑が荒れるのを防ぎ、近隣住民の方にも喜ばれます。特に、過疎化・高齢化の進む地域で、一人でも人が増えることは、長い目で見て集落の未来につながる可能性になります。

空き家をお持ちの方は、まずは下記までご連絡ください。
日程調整の上、空き家の調査にお伺いします。

【問い合わせ・申込先】
四万十市 企画広報課 企画調整係
TEL 0880(34)1129