NPO法人「四万十市への移住を支援する会

 平成25年度に設立され、四万十市と協力・連携しながら移住支援に取り組んでいます。
地元の企業経営者などで構成され、移住定住や起業相談、入居後のトラブル解消など、
移住者の立場から支援しています。

   

高知県外から(または四万十市に移住して1年未満)の移住希望者の方で、
四万十市とNPO法人の実施する移住支援を希望する方には、
まず初めに、 NPO法人メンバーによる「面談」 を受けていただきます。

※運転免許証など身分を証明できるものをお持ちください。

面談の主な内容

なぜ四万十市へ移住を希望しているのか理由をお聞きします。
現在の職業や、移住後どんなお仕事に就かれるのかお聞きします。
地域活動や行事に参加するなど、単なる引っ越しではなく集落の一員となって地域に馴染んで頂くようお話しています。
地域に馴染めない、良好な関係を築く意思が無いと判断された場合、支援をお断りすることがあります。
移住者の希望にあった地域、物件の紹介をいたします。
起業を希望の場合、可能な範囲での支援・マッチングをさせて頂きます。(金銭的な支援はありません。)
          

移住支援決定後、入居する物件が決まりましたら、
資格を持ったNPO法人メンバーが立ち合いの上、
物件所有者と賃貸契約を結びます。

※3年間の「定期借家契約」となります。3年以後は自動更新はありませんのでそれ以降は直接物件所有者と交渉をしていただきます。 


_____________________________________ 

高知県地域移住サポーター      

高知県では移住促進の一環として、地域住民が移住相談や支援を行う「地域移住サポーター」制度を設けています。四万十市への先輩移住者や普段から移住者との交流を積極的に行っている方々が高知県からの委嘱を受け移住に関しての心配事や困りごとなど、親身に対応します。
※NPO法人「四万十市への移住を支援する会」の活動とは異なります。

 
      


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
     
 
  Copyright 四万十市企画広報課企画調整係 All Rights Reserved.