谷吉 梢さん
四万十川でSUP&カヌーツアーを行う「withRIVER」を主宰。閑散期の冬には山に入り、林業家として自伐林業をおこなっている。東京出身ながら四万十の魅力に惹かれ、四万十市に移住した。

移住したきっかけはなんですか?
 学生時代より青年海外協力隊に入りたい夢があって、活動に役立てる技術を身につけるために大学在籍時に探検部に入りました。その活動で四万十川に訪れ、自分のカヌーで3泊4日のカヌートレックを体験しました。その時に出会った人たちの心温かさと四万十川に魅了されて、大学卒業の時には青年海外協力隊の夢はどっかに飛んでしまって(笑)、四万十市に移住したいと思いました。その当時移住の受け入れで半年間「四万十楽舎」という、廃校になった学校を宿泊体験ツアー施設に改築した環境文化センターで働けることを知って、四万十楽舎に入社し、晴れて四万十市へ移住しました。そこで、出会った今の旦那さんといつの間にか結婚してました。




移住して一番良かったことはなんですか?
・やりたかった「林業」と「カヌー・SUP体験ツアー会社」を仕事としてできている幸せ。
・「薪のある生活 」を送れていること。
移住して一番大変なことはなんですか?
・大きなクモが苦手で・・・・・出たら旦那さんに退治してもらっている。
・四万十市にある病院が古いところが多く、都会育ちなので清潔感のある病院が少ないのにビックリした。
・動物病院も少なく、少し不便を感じてる。
やっぱり東京に帰りたい、
と思うことはありますか?
ないです!おばあちゃんには理解できないと言われていますが(笑)。お金を払わなくても文旦や柿なんか、いつも近所の人にもらったりして食べられる。東京ではなんでもお金が必要。私には、田舎があってるんだなと思います。
 




     
  杉山 大治さん
出身:神奈川県
年齢:38歳
移住前の職業:SE(システムエンジニア)
移住された時期:平成29年6月
移住された後の職業: 天神橋チャレンジショップ内でスマートフォン・タブレット・パソコン教室のお店「インスタント」をオープン。


四万十市に移住したいと思ったきっかけは?
 自然豊かな場所でITを活用した事業で起業して、地域おこしになるような仕事を地域に密着してやってみたいと思ったから。四万十市を選んだ理由は、長野県や山口県、四国を旅しながら移住先を探す中で四万十市が移住支援に一番熱心と感じたからです。
移住されて良かった点と少し困っている点がありましたら教えてください。
 良かったところは、人の優しさと温かさを感じられ、移住して間もないですが、地域の方とたくさん繋がることができました。困っていることは、夏の暑さと湿度にノックアウトされそうです。
お店のPRをお願いします。
 パソコンの初心者からシステムエンジニアまで実践形式で広く技術を学ぶことが出来ます。「使える」技術を学んでみませんか?!また、スマートフォンやタブレットの使い方やセキュリティーのご相談もお気軽にお問い合わせください。



 



  移住パンフレット
 今までに当協議会がだしたパンフレットです。ご参考にしてください。

しまんと暮らし 四万十に暮らす 四万十に暮らす



 



NEWS/新着情報   移住までのステップ   移住支援住宅
         
移住支援   移住支援登録/お問い合わせ   移住パンフレット/移住者インタビュー

トップページへ   Copyright 四万十市企画広報課 All Rights Reserved.